ED治療の処方を含む方法について

心理的や精神的な原因の場合は新血管を生成したとしても改善する事が無い

まずEDの約30パーセントの心理的や精神的な原因でなく、海綿体の血流が悪い事が原因であるかを特定します。
何故なら心理的や精神的な原因の場合は、この方法で新血管を生成したとしても改善する事が無いからです。
医師によるカウンセリングを行って、治療方法を説明されます。
カウンセリングで治療方針に納得された場合には、健康保険が利用できない治療なので料金を支払います。
そして治療は後日に行うので、施術を受けられる日時を決めます。
外科的な手術ではないため、時間があれば契約したその当日に施術を受ける事が可能です。
麻酔や出血がないので、施術を受けた当日に自宅に帰る事ができます。
副作用が起きないような低出力の体外衝撃波を当てるので、施術回数は余程EDが軽い場合でもない限りは、複数回の照射が必要となります。
程度によって回数には差がありますが、最大で10回の施術を行う事もあり得ます。
それ以外にも陰茎海綿体に薬液の入った注射して、血管を強力に拡張させる方法もあります。
陰茎に注射針を刺すので恐怖感を感じる人も多いですが、即効性が非常に高くて副作用がほとんどない方法です。
心臓病や高血圧症や糖尿病などの場合には、処方されたED治療薬は副作用で死に至る危険性があるため使用できません。
そういった処方薬が用いられない持病を持った患者でも、この血管拡張剤を直接陰茎の海綿体に注入する方法は可能です。
海外ではよく用いられる方法ですが、日本国内ではまだ広まっていないため自己注射で行われてます。
自分で陰茎の海綿体に注射しなければならないため、恐怖感を感じる人も多いですが、使用する注射針は非常に細いため痛みもほとんどないので慣れれば誰でも簡単にできるようになります。

EDの症状が出ると陰茎の海綿体の動脈が十分に広がらない低出力体外衝撃波による治療には、これといった副作用はありません心理的や精神的な原因の場合は新血管を生成したとしても改善する事が無い