ED治療の処方を含む方法について

低出力体外衝撃波による治療には、これといった副作用はありません

EDの症状が出ると陰茎の海綿体の動脈が十分に広がらない低出力体外衝撃波による治療には、これといった副作用はありません心理的や精神的な原因の場合は新血管を生成したとしても改善する事が無い

それに対してこの治療方法を用いれば、そういった薬を使わなくても自力で勃起状態にする事が出来るようになります。
そして海綿体の血管の血流が悪い場合には、EDの薬を飲んでも効き目が殆ど得られないですが、そういった患者であってもこの治療法を用いれば改善が期待できます。
EDの薬は強制的に血流を良くさせるために、心臓病伸び場がある場合には使えなかったり、少なくとも副作用はあります。
だけど使う必要が無くなるので、この治療法を用いて改善されれば、副作用を受ける心配も無くなります。
また低出力体外衝撃波による治療には、これといった副作用はありません。
そして低出力で行うので、細胞にダメージを受けないため痛みも一切なく施術を行なえます。
そしてこの施術を何回か繰り返す事で、自然な修復メカニズムを誘発できて、根本的に再発し難くなります。
この低出力体外衝撃波機器のメカニズムは、照射したい箇所に衝撃が伝わりやすいようにゼリー状のジェルを患部に塗って、その上から直接照射するのでメスなどの外科的な処置を必要としないです。
海綿体にある細かい毛細血管が揺すられて、細胞の内外で反応を起こして施術が行われます。
そして新しい血管を形成する細胞増殖因子が放出されて、血管の増殖性の細胞核が生成されます。
血管の増殖性細胞核が生成される事で、新血管が生成されて正常な状態に改善させます。
この低出力体外衝撃波の治療を受けられるのは、ED治療を行っているクリニックで、つぎのような流れで治療を行えます。