ED治療の処方を含む方法について

EDの症状が出ると陰茎の海綿体の動脈が十分に広がらない

EDの症状が出ると陰茎の海綿体の動脈が十分に広がらない低出力体外衝撃波による治療には、これといった副作用はありません心理的や精神的な原因の場合は新血管を生成したとしても改善する事が無い

正常状態では男性の場合は性的な刺激が加わると脳から男性器の陰茎に信号が送られて、スポンジ状の海綿体の動脈が広がって血液が流れ込む事で勃起状態になります。
それに対してEDの症状が出ると陰茎の海綿体の動脈が十分に広がらないで、勃起に必要な血液が十分に供給されない状態です。
また中途半端に血液が流れて十分な勃起状態にならない時も、EDの症状と言えます。
これは血管性のEDと呼び、ED患者の約70パーセントがこの症状です。
血管性以外の残り約30パーセントは、心理的や精神的な理由による機能性勃起障害の事を言います。
ED治療では、血管の循環を促進する効果がある専門薬が処方されて用いられます。
ED治療薬を用いる事で強制的に血液の循環を促進させて、勃起を誘発させる事で正常な状態に近づけます。
だけどいくら専門薬を用いても、陰茎海綿体の動脈が十分に広がらなければ、実際の効果は得られない事は多いです。
そういう場合には根本治療として、単に動脈の流れを良くする薬を飲むだけでは改善しないです。
そんな時に用いられるのが、低出力大概衝撃波治療器を用いて、陰茎海綿体に向けて低出力で照射して治療を行います。
体外衝撃波を低出力で照射する事に因って、陰茎海綿体全体の毛細血管に反応を起こします。
それによって毛細血管が拡張して、新しい血管が生成される事で陰茎海綿体に十分な血流が行く事で、根本的なED治療を行う事が出来ます。
処方薬を用いないで、この低出力体外衝撃波による根本治療を行うメリットは、次のような事が考えられます。
処方薬を使って物理的に血管を拡張させる方法の場合は、対処療法なので毎回飲む必要があります。

昨夜の夜食🌃🍴

カップヌードルのサイズが大きいものを食べました🎵夜に飲食店がやっておりませんので職場で食べるの多くなってますね😆

やっぱり美味しいですよ🍀🍀🍀#お腹ぺコリン部 pic.twitter.com/dYjbTRwKN6

— ED治療薬の専門家@池袋 (@yorozutakumiya) March 16, 2021

ED治療 / 新宿ウエストクリニック